ブルックナー交響曲第9番 サイモン・ラトルとセルジュ・チェリビダッケ

2014年02月09日

ブルックナー交響曲第9番 サイモン・ラトルとセルジュ・チェリビダッケ



アマゾンをぼんやり見ているうちに思わずCDを衝動買いしてしまいました。

サイモン・ラトル指揮ベルリンフィルハーモニーのブルックナー交響曲第9番。
セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィルハーモニー、ブルックナー交響曲第9番。

ラトル、ベルリンフィル版は未完の第四楽章の補筆完成版が演奏されたという事で話題になったディスクですね。
あまり聴きたいという気はしなかったのですが、アマゾンのレビューを読んでいるうち興味がわいてきました。書いている人はかなり高評価のようです。

聴いた感想は、予想したよりずっと好感の持てる演奏でした。
ベルリンフィルはさすがに上手い。そして、ラトルの指揮はヴァントや朝比奈に比べるとずっと柔らかくスムーズに流れる音楽でしたが、浅いという感じはあまりなくブルックナーの手応えをそれなりに感じさせてくれました。

で、問題の第四楽章。

私はこれはちょっとがっかり、という感じでした。
たしかにブルックナーらしい音楽にはなっています。
でも、それが第9番のフィナーレにふさわしいかというと、疑問。
三楽章までの完成度に比べると、やはり音楽が薄くなっているという気がします。

やはり、あの三楽章に続く楽章は簡単じゃない。


チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィルハーモニーの演奏は、
ともかく凄い、一言。

美しい響き。
ライブ録音であの完成度?
信じられないようなスローテンポなのに、まったく弛緩しない音楽。

ともかく、・・・凄い。


これから、ヴァント指揮ベルリンフィルと朝比奈隆指揮大阪フィルの9番も聴いてみよう。

最近、クラシックを聴くのはブルックナーばかりのような。

当分その状態が続きそうな・・・

Symphony No. 9
Symphony No. 9
posted with amazlet at 14.02.09
A. Bruckner
Warner Classics (2012-05-14)
売り上げランキング: 2,439



ブルックナー:交響曲第9番「リハーサル」
チェリビダッケ(セルジュ)
EMIミュージック・ジャパン (2012-07-25)
売り上げランキング: 32,662


posted by cwind at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルックナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/387867526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。