ウィーン国立歌劇場日本公演通算100回! そして小澤征爾文化勲章受賞

2008年11月01日

ウィーン国立歌劇場日本公演通算100回! そして小澤征爾文化勲章受賞



オペラ界の頂点に君臨する「ウィーン国立歌劇場」が、10月26日に神奈川県民ホールで行われた『小澤征爾指揮:フィデリオ』で日本公演通算100回目を達成。翌10月27日にその記念記者発表が、総監督のイオアン・ホーレンダー、音楽監督の小澤征爾出席のもとで行われた。
ニュース ニュース詳細:チケットぴあ


ウィーン国立歌劇場の音楽監督を日本人がやっている、
一時代前までは考えられないことだったでしょうね。
それだけ、小澤征爾さんの業績は大きな物ですし、
文化勲章と言うのも当然と言えば当然。
今さら・・・と言う感じさえします。


きびきびとした指揮法とリズム感の良さが持ち味の小澤さんも、
もう70代になり、近年は体調を崩されたこともあったようです。
今後はまた円熟した音楽を聴かせ続けて欲しいと思います。

posted by cwind at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。